香港気功太極社      Chinese/English/Japanese

ホーム    クラス情報    ビデオ    名人紹介   香港気功太極社について

 

香港気功太極社のご紹介

  香港気功太極社(本社)は、2000年にNPOとして香港に設立されました。
中国文化の発展と中国武術や気功を一般の人々へ広めることが我々の目的です。

  設立以来、香港における気功、太極拳、功夫の発展について調査を進め るなかで、他門派も含めた多くの功夫ファンや支援者と集い、互いに交流を深めながら、どのような形がよいのか探ってまいりました。
我々の目指すところや計画を多くの大師、老師よりご賛同、賞賛を得て、香港での伝統中国武術発展、後進の育成の為に、本社の名誉会長や名誉顧問にご就任いただきました。

  本社では、生徒に表演会や競技会へ参加し交流を深めるよう推奨しています。過去、例えば海南島三亜市で開催された「第1回世界太極拳健康大会」、中国珠海で開催された「中国珠海国際太極拳交流大会」、 「中国焦作第2回世界太極拳大会」などに参加してまいりました。結果、これらの大会で数々の賞を獲得しております。
また、「香港・廣州・
佛山
交流団」などを結成、協賛し、「河南太極拳のルーツを探る旅」などを実施することにより交流を深めています。
こういった国内での各武術団体との交流が、本社生徒の視野を広げ、技術を向上させる良い機会となると考えます。

  その他、本社が毎年1回開催する「伝統武術群英会」に王西安大師、陳正雷大師、周盟淵大師、王戦軍師傅、王戦海師傅、王海軍師傅、蔡長慶師傅などを招き、表演、指導をお願いしています。

  本社は地域活動にも積極的に参加、表演を披露し太極拳の地域普及に努めています。「香港返還5周年記念式典」にも参加しました。

  2002年、王西安大師や周盟渊大師などの名人を招き、黄大仙で開催した「伝統武術群英会」 には、13万人の香港市民が入場、鑑賞し、広くマスメディアに取り上げられ、香港武術行事の歴史に 残る武術イベントとなりました。

  2003年、会員や一般の方々の学習の手助けに【金剛動静気功】教本及び【金剛動静気功】講習VCDを出版。
同年5月、少林寺及び香港文化促進会の開催する【易筋強身心連心 運動健體抗炎日】、【香港抗炎啓動体抗炎活動日】(ともに対SARS活動)などに参加し、数千人の参加者に陳家溝太極健体8式を指導しました。

  2003年7月31日、香港スタジアムに於いて12,500人の保良局員を集め、陳家溝太極健体18式を指導し、ギネス記録に挑戦しました。

  その他、本社では定期クラスも開催し、会員向けには太極兵器や武術用品の販売などのサービスも実施しています。
 

黄大仙に王西安大師、周盟渊大師などを招いた「伝統武術群英会」の記念スナップ
 

香港スタジアムに於いて本社林文輝会長の指揮の下、12,500人の保良局員が陳家溝太極健体18式を行い、ギネス記録に挑戦しました。

 

ホームページに戻る

香港気功太極社 HONG KONG QI GUENG TAI JI ASSOCIATION

お問い合わせ: 2216 4662(英語・廣東語)   Fax: 2328 5222   ホームページ: www.taiji.hk    E-mail: info@taiji.hk

編集者: 林文輝(Hugo)

 

(c) 2005 Hong Kong Qi Gueng Tai Ji Association all rights reserved.